LOG IN

高校入試の先を見据える

by 宮脇慎也

高校入試なんて所詮通過点

高校入試なんて所詮通過点だ。

そう言ったら怒られるでしょうか?

でも、それが真実です。

15歳の時に受ける試験なんて、そりゃあ、通過点に決まっています。
15歳の時に受ける試験が人生の最終目標なんて、そんなはずはないとみんな理解しています。

にもかかわらず、高校入試で、次につながらない勉強をする子が多いですよね。
場合によっては、そんな勉強方法を塾が助長していることもあります。


次の2つの話は、私が勤務していた塾で実際にあった話です。


次につながらない勉強

ある日、高校1年生の入塾希望者に出会いました。

中学時代は別の一斉授業の塾さんに通っていて、優秀な成績も取っていたし、内申点も良かった。
志望校にも順当に合格することができたそうです。

しかし、いざ高校に入学すると、高校の勉強には全くついていけない。

一体なぜか?

その生徒は言いました。

中学の時は、塾でたくさん過去問をやらしてくれて、その解説も塾の先生がしてくれた。だから、勉強というのは、塾の先生が教えてくれる答えを覚えて、テストで書くことだと思っていたんです。でも、高校ではそれは通用しない。もう勉強の方法がわからなくなりました。


少し唖然としてしまいますよね。


勉強というのは、塾の先生が教えてくれる答えを覚えて、テストで書くことだと思っていたんです。


そんわけがあるはずもないのに、その生徒はそんな勘違いをしていたのです。

なんて罪作りな指導をする塾さんでしょうと、その時は憤りました。


ですが、当時の私もその塾さんと大差なかったのかもしれません。
その後で同じようなことを言う自分の教え子に出会ったことを告白します。


塾の力ってすごいんですね

高校部を持つ塾であっても、高校入試終了とともに卒塾する生徒は一定数います。
ある年の夏前のことでした。
勤務していた塾の前を掃除していた時、そんな高1の女生徒とばったり出会ったのです。

あ、先生

おお、久しぶり!
最近どう?勉強は?

いや、それがまずいです。
中学の時は学校でも結構上位の方にいたと思うのですが、
高校に入るとなかなか難しいです。
塾の力ってすごかったんだな、と本当に感じています

ん〜、そうかあ。

そんな会話でした。


塾の力ってすごかったんだな


このセリフ、その時の私にとって皮肉にしか聞こえませんでした。
もちろん彼女にはそんな意図はありません。
彼女は中学時代に「塾の力」で上位をキープできていたことを感謝してくれていました。
けれど、塾を離れた途端、成績が下がるようなら、それは「学ぶ力」を与える指導ができていないことを意味します。

自戒を込めて厳しく言えば、
目の前の成績だけを追いかけて、無理矢理にでも得点をあげさせた結果、長期的に見れば子ども達の将来を奪った指導だったのかもしれません。


だからMoveは個別演習型学習塾

こうした経験から、私はMoveを設立する時に個別演習型を選択しました。

1対1個別指導や一斉指導の「懇切丁寧な指導」という長所を補って余りある、「学習習慣を身につけることを主眼にした個別演習型」がもっとも私の理念に近い、という判断でした。


繰り返しますね。

高校入試なんて所詮通過点。

本当に大事なのは、高校入試を終えた後も持続的に上昇し続けていけるかどうか。
それを可能にするために、高校入試でどのように勉強したらいいのか。

志望校合格を最大の目標にする一方で、その方法を学ぶのが高校入試の裏テーマです。

分からないところはもちろん指導します。
勉強法も伝えるし、なぜ勉強しなくてはいけないのかなんてのもお伝えします。

ですが、そんなことやどんなことよりも、
Moveが勉強しやすい環境を提供するから、その中でガンガン勉強してどんどん自分で成長してほしい。

そうやって中学の時から自分でガンガンやることが習慣化していれば、高校入学後も持続的に上昇すると信じています。


他の塾で配っている過去問と同じ問題が出たって耳にします

さて、2018年7月現在、Moveを開業して5年以上が経ちました。

この間、「それ」とは全く無縁で過ごしているために、ついつい忘れてしまっていました。
そして、先日、この質問をあるお母様から久しぶりに聞きました。


Moveでは学校の定期テストで過去問をくれないのですか?

あ〜、その質問、久しぶりに聞きました。
はい。もちろん一切あげません。
理由は上の通りです。

と、Moveが学校の定期テストで過去問を扱わない理由を、丁寧にご説明しました。

なるほど。そういうものなのですね。
いえ、他の塾に通っている子で、塾でやった過去問がそのまま出たから、得点が上がった!喜んでいる子がいると聞くので…

はい。
そういう塾さんもあると思いますが、私は絶対にやりません


(あ〜、他の塾さんでは相変わらず過去問を配っているのか・・・)

内心そう思っていました。

もちろんそれぞれの塾さんの考え方があるので、一概にそれが悪いと言えるのかどうかは分かりません。

ただ、少なくとも、2020年以降の高大接続改革で求められる「思考力・判断力・表現力」を育む指導法でないでしょう。

公立上位校進学専門を謳うMoveですが、高校進学後も活躍できる素地を育てながらそれを実現していくことを目指しているのです。



宮脇慎也
OTHER SNAPS