LOG IN

Moveの将来を生徒たちと会議した

by 宮脇慎也

安古市高校説明会や、広島の高校入試事情について続きを書かないといけないのですが、ちょっと軽い話題を。

先日、突如、生徒たちと「Moveの今後の方向性」について会議が開催されました。
なんでそんな話になったのかは忘れました。笑

ある男の子が言いました。
(※似顔絵は全く似ていないです)

生徒を増やして、たくさん教室を出しましょう

なんで? 教室を増やして欲しいの?

だって、僕はこの塾が出来てすぐに入塾しているから、この塾が大きくなったら自慢できるじゃないですか

なるほど。
これはこれで納得できます。
Moveに在籍してくれた子たちが将来自慢できる塾であり続ける。
僕の怠慢によって塾が潰れてしまった場合、この子たちが悲しい思いをするわけです。
そんな真似はできないですね。

また別の女の子が言いました。
(※これまた似ていないイラストです)

大通りに出ましょう

え〜、やっぱりそれがいい?

はい、だってこの塾の場所、友達に伝えてもよく分かってもらえないんですよ。
だから、ちゃんと目立つ場所に移って、みんなに分かってもらいましょう

Moveは開業以来の5年間で、2回拡大移転を行なっているのですが、テナントの問題で確かに目立つ場所に教室を構えていません。
それでも生徒が集まってきてくれているのがちょっとした自慢なのですが、在籍する生徒は自分が通っている塾には目立って欲しいものなのですね。

すると、さらに別の女の子が言いました。
(※もはや似せる気がないです)

え〜。でも、お母さんが「Moveはこぢんまりしているのがいい」って言っていたよ。
下手に大きすぎても、ちゃんと見てくれなくなるからって・・・

お、お母さん・・・「こぢんまり」って・・・

あ、違う違う。
ちゃんとした先生が規模を広げすぎずに見てくれるのがいいんだって・・・

ありがとうございます。
そういう意見があるのも承知しています。
大手塾よりも個人塾の方がいいとおっしゃってくれる方も多いのは、その理由ですよね。
生徒4人で始まったMoveも今やそれなりに大きくなったのですが、適正以上に教室に生徒を詰め込むことは慎むべきですね。


結論

結論は、もちろん出ません。笑

拡大路線を走るとも走らないとも決めていません。
大通りに出るか出ないかは、多分ご縁の問題です。

しかし、1つ決めていることがあるのです。


塾を大きくする・しないに関わらず、常に発展・進化し続ける

これだけは決めています。
塾の発展は生徒を増やすだけではありません。(それも大きな要素でありますが)
別の方法で発展することもあり得ます。

それは何か?、はまた別の機会でお願いしたいですが、生徒たちに利することという条件は当然ついています。

Moveがどんな進化を遂げるか、どうぞご注目下さいね。



宮脇慎也
OTHER SNAPS