LOG IN

知れば変わる

by 宮脇慎也

毎年、春には多くの新しい生徒を迎えます。



初めて塾に通う子、別の塾から移ってきた子、それぞれの状況は違うのですが、

みんな一様に「勉強がへたくそ」です。

特に小学生や中学1年生はそうです。


そんなある日のことです。



その日は特に新しい小学生が多く、どうもいけません。

机の使い方や、ノートやテキストを置く位置、左手をぶらっとさせて右手だけで書く生徒もいました。


それで一体どうやって集中した学習を実現するのか?





いや、一生懸命やってはいるのです。

けれど、どうしても緩い雰囲気で時間が過ぎていく。




そこで、全員の手を止めさせて、全部説明し修正しました。

勉強の内容ではありません。

どういう方法で勉強すれば効率が良くなるか、というお話です。


すると、俄然雰囲気が変わりました。

学習する雰囲気に様変わりです。


その様子を見て思いました。


なんのことはない。


彼らは、ただ「知らなかった」だけです。

どうやれば効率のいい学習ができるのか?


それを知れば、彼らはきちんとやれるのです。


もちろん定着するかどうかはこれからにかかっていますが、

私が説明したようなことを中学生になってから知るのか、小学生のうちに身につけるのか、

その差はやはり大きいでしょうね。


宮脇慎也
OTHER SNAPS