LOG IN

講義って本当に必要?

by 宮脇慎也

こんにちは。

突然ですが、今日は自分語りです。
テーマは「私の成績と塾との関係」について。
なぜ私が個別演習形式の塾をやっているか、自分のルーツからお話しようと思います。


私の学生時代

もう25年以上前の話です。
私自身、塾には中学生の頃通っていました。



全く意味なかったです。



中学2年生から、名古屋で有名な大手一斉指導塾(クラス授業塾)に1年半通いましたが、あまりにも成果が出なかったので、その後、地元で厳しいと有名な一斉指導の個人塾に移りました。

でも、どちらも全く意味がなかったです。

2つの塾に通って意味がなかったのですから、その原因は私にあります。

それはきっと、私にやる気がなかったから。
そして、自分でやらなかったから。

授業をふ〜んと聞きながら、右から左に聞き流していたように思います。
塾で何かをやったから、勉強が分かるようになったなんて覚えがありません。
今思い出せるのは、学生講師の先生がとっても面白かった、ということだけですね。

ちなみに、当時の成績は偏差値50前後でした。


浪人時代

私の成績が本当に伸びたのは、浪人していた1年間でした。

偏差値50前後は中学生の頃の話。
高校の3年間では偏差値40台やひどい科目では偏差値30台まで下がり、結局浪人生活に突入です。
幸いなことに、河合塾(画像)がそばにあり、そこで1年間浪人生として過ごしたのです。
(画像は河合塾千種校です)

で、その1年間で本当に

英語 偏差値30台(現役の秋)→70台(浪人の秋)

への飛躍を経験しました。(総合では、偏差値45前後から70前後)

今思えば、私すごいですね。

その時に私がやったことと言えば、


ひたすら自分でやった


につきます。

朝9時には必ず予備校に到着し、講義を受けつつ、空きコマはひたすら自習室にこもる。
河合塾のカリキュラムを信じて、とにかく予習と復習を繰り返しましたね。
授業を含め、1日10時間の学習を自分に課していました。

そして、この頃に確信しました。

要するに自分でやった者勝ち。


どんな有名講師の授業を受けようが、どんな立派なシステムの中に身を投じようが、関係ないです。

結局、自分でやった者勝ち。

この信念は今でも変わりません。

成績を上げた経験がある人はみんなどこかで認識しているはずです。

自分の成績が上がったのは、誰それの授業を聞いたからではなく、それを糧に自分でやったからだ

と。

一斉指導講師時代

さて、その10年後、私は一斉授業の講師として塾の教壇に立っていました。
勤め人として8年間塾講師をしていたのです。

それなりに評判良かったんですよ。

目の前にいる生徒たちを前に向かせ、解説しながら「わかった気にさせる」ことはそれほど難しいことではありません。

けれど、それだけでは得点は伸びないのです。
ついさっきまで「うん、うん」と私の話に頷いていた生徒が、いざ自分で問題を解こうとすると「う〜ん」と頭を抱え出すのです。

結局、

「わかった気になった」ことを最終的に実力に変えるには演習が必要なのです。

徹底的な演習によって、学習内容を自分に定着させる。
それが最も重要なことです。

だから、経験を重ねるにつれて、いかに生徒たちに演習させるかに重きを置くようになりました。
そして、自分が一斉指導講師でありながら、こう再認識するのようになったのです。


講義・解説なんて最低限で十分

と。


進学空間Moveの設立

それらの経験から、今の進学空間Moveの形があります。

講義は週1回。
ここでは解法のコツや全員で共有すべき認識を伝授します。
特に国語は学校では問題に対する考え方を教えてくれませんからね。
伝えるべきことはきちんと伝えます。

それ以外は、個別演習がメインです。
学校や塾で習ったことを実力に昇華すべく、覚えるべきは覚え、修正すべき点は修正する時間です。
分からないところがあれば、もちろん教えるし、サポートもします。

そのサポートを受けながらも、どれほど能動的に学習できるかが勝負です。

進学空間Moveが個別演習塾であるのは、塾の形態からしてそれを最大限可能にするシステムをとっているのです。

学校の授業は大体理解できる。
その知識を実力に高めるための環境が欲しい。
知識を実力に昇華させる場所が欲しい。

進学空間Moveは、そんな人にとって最適な環境を提供しています。



宮脇慎也
OTHER SNAPS