LOG IN

ブレイクスルー

by 宮脇慎也

「努力と成績は正比例しない」

ちょっと厳しい話だけど、これが事実だというのは、塾講師として日々実感するところです。
これから頑張ろうという人は、少し覚悟しておいてください。

頑張っても頑張っても、なかなか成果が上がらない・・・。

最初はそんな時期が続くことが予想されます。
でも、それはきっと頭の中に材料を溜め込んでいる時期だから。
その材料はまだ使えないんです。
たくさんの材料を持っているけど、整理されていないからどれを使っていいの分からない。

そんな状態です。

そして、その材料が頭の中で結びつき、自在に取り出せる状態になった時、突然成績は上がる。
私は、それを「ブレイクスルー」と呼んでいます。
イメージとしては、低空飛行を続けていたハングライダーが、急激な上昇気流を捕まえて、いきなり真上に伸び上がるような感じでしょうか?

成長曲線というもので説明しようとする人も多いですね。

努力を始めたら、すぐに結果が出て欲しいと願うのが人情ですが、しばらくは抵抗飛行が続くのが一般的。
そして、ある日突然成績が急上昇する。

この話でやっかいなのは、その上昇気流を捕まえる時期がいつ来るのか分からないということ。

3ヶ月後なのか、半年後なのか、1年後なのか。
その間はやはり苦しい。
私たち塾講師としても少しでも早くその時期が来て欲しいと試行錯誤をするのですが、個人差があるのが現実。

ですが、そうやって苦しい時期を乗り越えてブレイクスルーを果たす生徒を見るのは、塾講師として最上の喜びです。
生徒のこれまでの努力が実を結ぶ瞬間を目の当たりにするのですから。

だいたい定期テスト毎に1人か2人ブレイクスルーを果たしたと思える子が出てきます。
今回の前期中間テストでも、そう確信できた子がいます。
本当に嬉しい。
今までの彼・彼女らの努力を知っているから。

この気持ちを感じることができるのは、塾の先生の特権かもしれないですね。


宮脇慎也
OTHER SNAPS