LOG IN

1から分かる広島県公立高校入試①

by 宮脇慎也

基町・安古市・祇園北等の公立上位校に合格するために

各都道府県で、高校入試の制度は異なります。
県外から広島に引っ越してきた方にとっては、前の県での常識が通用しないこともあります。
特に広島県の公立高校入試の仕組みは、中1の最初からきちんと知っておいた方がいいです。

なぜなら「受験は3年生になってから」と言っていられない事情が広島にはあるから。

それは一体何か?

このシリーズでは、広島の公立高校受験システムを初めて知る人を対象に、その特徴を説明していきます。

選抜Ⅰと選抜Ⅱ

広島公立高校入試には、選抜Ⅰ(推薦入試)と選抜Ⅱ(一般入試)があります。
普通科の高校なら、その定員割合は2:8。
選抜Ⅰが2割で、選抜Ⅱが8割。
ですから、ほとんどの子はまず選抜Ⅱでの合格を目指すのが普通です。
そこで、ここでは、まず選抜Ⅱについて説明していきますね。

選抜Ⅱ(一般入試)〜内申点が半分以上を占める入試〜

広島の選抜Ⅱの特徴は、内申点の配分が非常に高いこと。
選抜Ⅱでは、ほぼ全ての高校が、選抜Ⅱ定員の8割の合否を255点満点の数値で決めます。
255点満点の内訳は以下のようになります。

え!本当?

と、驚いてくださいね。

内申点が半分以上を占めているのです。
これは、日本でトップクラスで高い割合みたいです。
大阪府や神奈川県ほかでは、高校が内申点と入試得点の比重を選ぶようですね。(いわゆる進学校は学力検査の比重を高くするなど)
広島の場合、ほぼ全ての高校が、この130点:125点の得点配分で選抜Ⅱ定員の8割の合格者を決めます。
(残りの2割については後日)

ですから、私は生徒たちに、
「3年生の3月、入試が始まった時点で勝負の半分以上はついている」と伝えています。
誇張ではなくて、事実、そうなのです。

中1も中3の内申点の比重は一緒

その内申点の算出方法を下にまとめました。

内申点は各学年の学年評定を使って算出します。
学年評定とは、年度の終わりにもらう1年を通じての評定のことです。
通常、5段階評価。
内申点の計算では、英数国理社の主要5教科の得点に、実技4教科を2倍した数値を合計します。すると、1つの学年で65点満点の得点が出てきますね。
3学年分計算し合計すると、195点満点の数字になります。
最後にこの195点満点に2/3をかけて、無理やり130点満点にするのです。
この130点満点の数値を、通常、内申点と呼びます。

なぜ2/3をかけるのか?

よく分かりません。笑
一応学力テストとのバランスを取るためだと言われていますが、別の方法はいくらでもありますからね。

いずれにせよ、この算出方法で大事なのは以下の2点です。

  1. 実技4教科の得点が2倍になるということ。
  2. 中1と中2と中3の内申点の比重が1:1:1であること。

1については、特に問題ないでしょう。実技教科も大事ですから、きちんと取り組みましょうね。もちろんテスト勉強だっておろそかにしてはいけませんよ。

という話に落ち着きます。

しかし、2については、これはしっかりと認識しないといけません。

中1の内申点と中3の内申点が同じ扱いなのです。

他県では、中1の内申点は高校入試に関係ない(神奈川県ほか)とか、中3の内申点だけ考慮する(愛知県ほか)とか、あるいは、中1:中2:中3=1:1:3で計算する(大阪府ほか)とか、様々な方法が採用されている中で、広島は中1も中2も中3も同じ比重で計算します。

しかも、ほぼ全ての高校で、内申点が学力テストよりも比重が高い130:125の得点配分を採用しているのです。
これが広島県の公立高校入試の基本です。
広島は全国でも屈指の内申点重視、それも中1からの内申点重視県なのです。

この入試システムを知らないまま、中1や中2の勉強をないがしろにすると、中3になった時に後悔すること間違いなしです。

とは言え、選抜Ⅱ定員の残りの2割では、各高校の特殊計算方法が採用されています。次回はその話にしますね。


宮脇慎也
OTHER SNAPS